板ガラス
型ガラス
色板ガラス
熱吸ガラス
合わせガラス
強化ガラス
エッチングガラス
タペガラス
複層ガラス
高透過ガラス
太陽電池用硝子
薄型硝子
アクリル板
ガラス加工工具
複層ガラス加工機械
「板ガラス(単板ガラス)」とは板状のガラスのことを意味しています。大きく厚みがあり加工技術により平滑性に優れており、ゆがみなどが少なく、日光などの採光性に非常に優れた透明の板状のガラスです。
各建築物の窓や建具、サッシなど一般的によく使用されております。また家具のガラスなども板ガラスを使用しております。その他自動車の窓に板ガラスなどにも使用されていますが、それらは板ガラスを加工して作られております。また意外に知られておりませんが鏡も板ガラスを加工してつくられております。 板ガラスの厚みは、2mm・3mm・4mm・5mm・6mm・8mm・10mm・12mm・15mm・19mmなどがあります。
単板ガラスの種類には、フロート板ガラス(透明ガラス)、型板ガラス、網入板ガラス・線入板ガラス、変り板ガラス,磨板ガラス,安全ガラスなどがあります。
「鏡」とは板ガラスからつくられております。単純に鏡とは板ガラスなのです。板ガラスの加工技術による平滑さを利用して、鏡がつくられています。
一般的な鏡のつくりかたとしては、素板ガラスを洗剤などを使用し綺麗に汚れ、ホコリなどを取り除きます。その後綺麗になった素板ガラスに銀をうすい膜状に吹き付けます。この作業を銀引きといいます。銀引き(銀膜)とは硝酸銀のアルカリ性液に各種還元剤を加え、素板ガラスの表面に微細な銀粒子を沈殿・固着させることです。その後、銀膜をホコリ、湿気などの汚れを防ぐために、上から銅メッキなどの保護塗料を塗ります。純水で綺麗に洗浄し、熱風・電熱などでよく乾燥させます。次に鏡用に作られた塗料などを塗り、銀膜銅膜をホコリや汚れなどから防ぎます。その後鏡の表と裏をさらに綺麗に洗浄します。洗浄のち乾燥させ傷や汚れなどが無いかを確認して鏡の出来上がりです。その後切断や加工の工程を経て製品としての鏡が完成となります。
各建築に関わる洗面器具、姿見、手鏡、ダンスホール、などに使用されています。 鏡の厚みは、2mm・3mm・5mm・6mmなどがあります。
「型板ガラス」とは、曇りガラスなどとも言い、ガラスの片面に色々な型や模様がデザインしてあるガラスです。簡単に説明しますと片面に凹凸があり、裏側が普通の平面のガラスです。身近なところではお風呂やトイレなどのサッシや室内ドアに使用されている場合が多いかと思います。視界を遮り外部から見えにくいようになっております。また光を拡散するのも特徴です。お風呂やトイレ以外では食器棚のガラスなどで見かけることが多いかと思います。視界を遮り外部から見えにくい上にメリットとしては非常に強度があるガラスであり、もし割れても粉々になるのが特徴で怪我などがしにくいとても安全なガラスになっております。
フローラ(クリア) フローラ(アンバー) フローラ(グリーン)
フローラ(ブルー) モール マスターライト
レイン クロス グルーチップ
ミレニアム ミスト
お風呂やトイレ、洗面脱衣などの外部サッシ、室内ドア、食器棚など。 型ガラスの厚みは、2mm・4mm・6mmなどがあります。
「色板ガラス(色ガラス・着色ガラス)」とは単純には色がついた板ガラスのことです。金属の酸化物となる着色剤(主に鉄、ニッケル、クロム、マンガン、コバルト、ネオジウム、塩化金、酸化銅、セレン、チタンなどが用いられる)着色剤をいれて製造することにより色々な色がついた色ガラスを製造することが可能です。色には青色、赤色、黄色、緑色、紫色、白色、青紫色、赤紫色など色々な種類があります。またガラスの成分やガラスの溶かし方などによっても色が変えることが可能です。
建築用(窓ガラス、ステンドグラス、タイル)、装飾品、家具(テーブル、ショーケース、ディスプレイ)、食器、信号灯、眼鏡(サングラス)、光学用フィルターなど。 色板ガラスの厚みは、3mm・5mm・6mm・8mm・10mm・12mm・15mmなどがあります。
〒319-2266 茨城県常陸大宮市抽ヶ台町901-2
TEL:0295-52-2066 FAX:0295-52-0428
Copyright (C) 2014 FUJI GLASS Co.,Ltd. All Rights Reserved.