板ガラス
型ガラス
色板ガラス
熱吸ガラス
合わせガラス
強化ガラス
エッチングガラス
タペガラス
複層ガラス
高透過ガラス
太陽電池用硝子
薄型硝子
アクリル板
ガラス加工工具
複層ガラス加工機械
「タペガラス」とは「タペストリーガラス」と呼ばれるガラス。「フロストガラス」とも呼ばれています。淡い光を通す半透明のガラスです。ガラス一度表面をスリガラス状に加工しガラスの表面をフッ酸などの薬品処理にによって半透明に加工します。これらの工程方法を、フロスト加工もしくはタペストリー加工と呼ばれています。スリガラスにも似ていますが、スリガラスよりも表面が細かく滑らかで透明感があるのが特徴です。またスリガラスよりも手の跡や汚れが付きにくいのも特徴です。半透明ですので視界を遮る窓や間仕切り戸、インテリアによく使用されております。ガラステーブルやブティックの陳列棚などにもよく使用されております。
建築物(窓、間仕切り戸)、ガラステーブル、陳列棚、インテリア家具など。 ガラスの厚みは、5mm 6mm 8mm 10mm 12mm 15mm 19mmmなどがあります。
「複層ガラス」とは「ペアガラス」とも呼ばれている。複数枚の板ガラスを重ね、その間に空気層(乾燥空気、アルゴンガス)があるガラスのことです。空気層は真空の場合もあります。その中間層を設けることにより、光の透過性を保ちつつ、断熱効果を得られる優れたガラスです。断熱効果に伴い部屋の内外の温度差が原因となる結露の防止に役立つため結露防止としても住宅などに多く使用されている。また複層ガラスにも遮音効果もあります。住宅やマンション、オフィス、病院、学校などの公共施設にも多く使用されております。
住宅やマンション、オフィス、病院、学校の窓・サッシなどに多く使用されている。 FL3+A6+FL3:約12mm(透明3mm+空気層6mm+透明3mm)
FL3+A12+FL3:約18mm(透明3mm+空気層12mm+透明3mm)
Low-e3+A6+FL3:約12mm(Low-e3mm+空気層6mm+透明3mm)
Low-e3+A12+FL3:約12mm(Low-e3mm+空気層12mm+透明3mm)
など組み合わせにより複数あります。
「高透過ガラス」(高透明ガラス)とは、無色透明のガラスのことです。普通の板ガラスは一見透明に見えますが、普通の板ガラスは酸化鉄が含まれておりますのでどうしても良く見ると少し青色や緑色をしています。またこの青色や緑色はガラスの厚みが増せば増すほどに色が濃くなっていきます。高透過ガラスは本来ガラス含まれる酸化鉄を減らし微量にすることにより可視光透過率を高め無色透明のガラスにすることができます。普通の板ガラスと高透過ガラスの違いがはっきりとわかりやすいのは厚みのあるガラスを比べてみると一目瞭然です。無色透明のガラスですのでガラス内の商品や展示品などをそのままの色で見ることが可能なため、お店のショーウィンドウ、ショーケース。美術館・博物館などショーケース、水族館や装飾用ガラス、家具用ガラスにも使用されております。また「高透過強化ガラス」にして使用されている場合も多いようです。
お店のショーウィンドウ、ショーケース。美術館・博物館などショーケース、水族館や装飾用ガラス、家具用ガラスなどに多く使用されている。 ガラスの厚みは、3mm 4mm 5mm 6mm 8mm 10mm 12mm 15mm 19mmなどがあります。
「太陽電池用ガラス」とは「太陽電池カバーガラス」や「太陽光発電用ガラス」などとも呼ばれています。近年太陽光を利用した太陽光発電は、再生可能エネルギーである太陽エネルギーを利用するエコなクリーンエネルギーとして大変人気であり、日本国内でも太陽光発電装置を目にしない日はないといっても過言ではありません。住宅の屋根や郊外などで多く見られます。そのソーラーパネルの表面に使用されているのが「太陽電池用ガラス」です。ソーラーパネルに使用する「太陽電池用ガラス」は太陽光をできるだけ透す必要があり高い透過率が必要になります。また低反射である必要があります。そのうえ常時野外にあるものですので天災によるひょうやあられ暴風による石やホコリなどから表面を守る必要もあります。
太陽光発電のパネルに用いられいる。(モジュール) 太陽光発電用ガラスの厚みは、3.2mmです。
〒319-2266 茨城県常陸大宮市抽ヶ台町901-2
TEL:0295-52-2066 FAX:0295-52-0428
Copyright (C) 2014 FUJI GLASS Co.,Ltd. All Rights Reserved.